マンション110番福管連

TEL 092(752)1555
受付時間 9:00~17:00
(日・祭日を除く)

業務知識

大規模改修工事の二つの進め方

大規模改修工事の進め方には二つの方式について
大規模改修工事を進める方式には、「設計監理方式」と「責任施工方式」があります。
「設計監理方式」とは、改修工事の設計と監理を設計事務所等に任せ、その監理のもとに施工業者に工事を行わせる方式です。
一方「責任施工方式」とは、工事の改修設計から施工完了にいたるまでのすべてを施工業者に任せる方式です。
設計監理方式は、工事の実施内容や金額を設計事務所が設計・算出し、同一仕様書により、複数の施工業者から見積りを徴して業者を決定します。そして、設計事務所の監理のもとで工事を進めますので、設計監理の責任が明確になります。また、競争原理が働きますので適切な金額で契約できることになり、総会でも説明しやすくなります。
責任施工方式は、管理組合が施工会社だけを選定することになりますが、管理組合に専門家がいない場合は、統一仕様書を作成することが困難で、業者との間で工事内容に齟齬が生じやすいです。また、工事監理に第三者のチェックが入らない問題もあります。したがって、最近はマンションの規模にかかわらず、設計監理方式を採用する傾向にあります。