マンション110番福管連

TEL 092(752)1555
受付時間 9:30~17:00
(日・祭日を除く)

判例

管理組合理事長の職を理事会で解任できる

管理組合理事長の職を理事会で解任できる画期的な判決が出ました! (最高裁2017.12.18)

理事を組合員のうちから総会で選任し、理事の互選により理事長を選任する旨の定めがある規約を有するマンション管理組合において、その互選により選任された理事長につき、理事の過半数の一致により理事長の職を解くことができる。

この訴訟の経緯、及び最高裁判決から得られる教訓は次のとおりです。
①マンション理事会は、互選で多数決によって理事長を選任することができるし、また同じく理事会の多数決で解任することができる。このことが、最高裁判所の判決で確認された。
②理事長を解任する場合、その人が欠席していてもかまわないが、その理事会が開催されることについて、その人が事前に通知を受けていたことを、記録として残しておかねばならない。
③理事長を互選で選任する時期は、総会で新理事が選任されたら間を置かず、すぐに新理事会を開いて、新理事長を選ぶべきである。
できれば新理事が選任された総会の直後に新理事長を選ぶべきである。そうすると、前理事長を解任するという問題は起こりようがなくなる。
【福管連だより2018年3月号掲載記事より抜粋】