マンション110番福管連

TEL 092(752)1555
受付時間 9:00~17:00
(日・祭日を除く)

Q&A

エレベーターの寿命は何年ですか

Question

築25年のマンションですが、管理会社からそろそろエレベーターのリニューアルの時期ですといわれました。しかし、毎月保守点検をしてもらっていますし、大きな故障もありません。
エレベーターの寿命は何年とみたらよいのでしょうか。また、工事では、何日くらいエレベーターは使えませんか。

Answer

「長期修繕計画標準様式・作成ガイドライン活用の手引き」によりますと、エレベーターの修繕周期は、補修15年、取替30年とされています。
(社)日本エレベーター協会によれば、高度で広範な専門知識を持ったサービスマン(点検員)による、定期的かつ適切なメンテナンスを行うことによって、エレベーターは故障等のトラブルやアクシデントを未然に防ぐことができ、耐用年数も大幅に引き延ばすこともできるとされています。

「寿命は何年」とズバリお答えするのは難しいのですが、リニューアルの時期は、一般的に築25年から30年が多いようです。エレベーターの場合、以前は、故障が多発し、閉じ込めなどの事故が発生して取り替えるケースが多かったのですが、最近は次のような地震対策や省エネ、安全性、快適性などを求めてリニューアルをするマンションが増えています。
最近のエレベーターの性能向上の状況
・インバーター制御により、消費電力が節減できる。(省エネにもなる。)
・地震時管制装置・停電自動着床装置を付けることにより、地震の際に安全に避難でき、かご内閉じ込めも少なくなる。
・火災時管制装置、停電時自動着床装置を設置することにより、火災時にエレベーターを避難階に直行させ、安全に避難できる。
・訪問点検を減らし、リモートメンテナンス(遠隔点検)をすることにより、昼間の点検停止時間を少なくできる。
・防犯カメラの設置により、犯罪の抑止効果が期待できる。
・光センサーを増やすことにより、乗降中の扉への挟みを防止できる。

工事によるエレベーターの停止期間は、リニューアル方法により、①完全撤去一括改修で30日、②準撤去一括改修で20日、③分割改修(巻き上げ機流用・制御改修)で5日(連続停止は1~3日)。
これは、規格形(標準形)エレベーターの目安です。実際は設置環境、施工条件等により物件ごとの検討が必要になります。