マンション110番福管連

TEL 092(752)1555
受付時間 9:30~17:00
(日・祭日を除く)

マニュアル紹介

マンション福祉マニュアル 第4版 ~おせっかいが孤立を救う!!~

  • 福管連マニュアル

マンション福祉マニュアル 第4版

日本における急速な高齢化は、医療や福祉の分野でも非常に影響が大きい問題です。
マンションは、現在の日本の高齢化の縮図といえますが、住む人々の高齢化問題だけでなく更に、「建物・設備の老朽化」と「組織の老い」を加えた「3つの老い」に直面している管理組合が増加しています。
分譲マンションの管理は、区分所有者の意思決定で行われ、理事会形式で運営されているスタイルが多いですが、高齢で適切な判断・諸費用の支払いができない区分所有者がおられたり、相続がスムースに行われなくなるケースが出たり、管理費等の多額・長期未納や、役員のなり手不足に苦慮するマンションも増えると想定されます。
このようにマンションを取り巻く環境が著しく変化を遂げている状況の中で、マンションの福祉問題は、間口が広く・奥行きが深い問題です。地域と共同住宅が同じ目線で相互理解を深めつつ、相互扶助を実践していくことが大切になってきたといえるでしょう。
福岡市内の各マンションでも「地域と協賛して高齢者の見守りや認知症対策・災害要援護者への支援強化の取り組み」等々を協業で検討する動きも多数出てきています。
そのような事例を掲載することにより、それぞれのマンションで独自に出来ることから、こつこつと取り組んでいただければとの願いで改訂版を出版しました。

(目次)
1 我が国の高齢化の推移と将来推計
2 平均寿命は大きく延伸
3 福岡市の高齢者人口の状況
4 マンションへの永住意識 過去最高(6割強)に
5 日本は「長寿大国」といわれるが日本の悲惨な現実
6 生かされてしまう。むなしさ
7 現在我が国において、約1、000万人がさまざまな縁から絶たれ、孤立している
8 現代日本の死生観は視界ゼロ
9 おせっかいが孤立を救う!!
10 高齢者等の見守りは、どこまでが管理組合の業務なのか
11 認知症 ~管理組合の対応~
12 2018年度介護保険制度改正について
13 介護における諸問題…etc

会員価格 1500円
会員外価格 2000円

[販売価格]2,000円 [会員価格]1,500円

購入はこちら